コットンビーズ 布ぞうり〜スリッパに変わる新しい室内履き〜


コットンビーズ:布ぞうり
布ぞうりって?
布ぞうりの良さ・メリット
コットンビーズ:布ぞうり作品アーカイブ
コットンビーズ:メディア掲載
コットンビーズ:お客様の声
コットンビーズ:Q&A
布ぞうり手作り講習会
コットンビーズ琵琶湖工房
おとみさんブログ
トップページ > お客様の声 > お客様の声
 
 
布ぞうりキットをお求めいただいたお客様から、
たくさんの嬉しいお声を頂戴いたしました!

その中から、ほんの一部ですがご紹介させていただきます。
皆様、本当にありがとうございました!

1615|14|13121110
目次にもどる

布ぞうりを作っていただいたお客様の声 【9ページ】
(とみもとです)

吸盤つきフックで編む方法も、感心しましたが
もう一つ、お客様から頂いた作り方があります。

編むためのロープに、茶色の紐を結びつけて、その紐を
イスの所に結びつける方法です。

でも・・・イスに結び付けてある茶色の紐ははずせるようにして あるのです。
そうでないと、出来上がった時に困りますものね。
この方法でしたら、どこででも出来ます!!
その工夫に、スタッフ達と「なるほど!」感心してしまいました。

皆さん、いろいろと工夫されてすごいです。
そして、作られたのが、右のぞうりです。
しっかりと編んでいますね。

でも・・ごめんなさい。
このお便りを下さった方のお名前が、分からなくなって いるのです。
もし、ご覧になったら・・コットンBsまでご連絡ください。
 
青森 Kさま)

今愛用しているスリッパ、皮製で足にフィットし履きやすいのですが
夏、素足で履くと少し蒸れて布ぞうりが作りたいなぁと思っていたのです
さっそくお得な2足組みキットを注文し作ってみました

ちぎり絵を習っていて先生の自宅教室なのでスリッパを出して
いただきますが、やはり夏は素足で履くのがためらわれ靴下を
持参していましたが布ぞうりを持っていこうと思います

先日いただいた鼻緒とロープのセットでTシャツのリサイクルです
鼻緒に合う色合いを考えながら選ぶのは難しいけど楽しいですね
布の長さが短いので裏の始末が大変でしたが
ロープは結ばずに裏の編み目に通して始末してみました
昨夜遅くまで頑張りましたが夫のは半分しかデキナカッタ(~_~;)
(夫のはキットの鼻緒を入れ替えました)

最初、足の指に引っ掛けて編んでみましたが
案の定、足や腰が痛くなったので吸盤付きフックを使おうとしましたが
木製のテーブルでは吸盤が利かず、さぁどうしようと考えて
椅子の高さに合わせフックを窓ガラスにくっつけて編みました
正解!!快適に編めました
我が家は高台なので東方には茨城県の明峰、筑波山が
きれいに見えます
(筑波山を入れて撮ろうとしたので布ぞうりがボケました)
昨日は風がなかったのであまりはっきり見えませんが
風邪の強い日はもっときれいです
外はぴゅーぴゅー西風でもぽっかぽっかの窓辺で
筑波山を眺めながら布ぞうりを編む・・・なんというシ・ア・ワ・セ!!
とみもとです
初めてとも思えない位お上手で、編みこみもしてありますね
きっと、他の生徒さん達にうらやましがられますよ!

イロイロ工夫して作られたのですね。裏もきれいです。
素材も、身近にあるもので試してみると楽しいでしょ〜〜

本当に・・・羨ましいです!!
このガラスを使ってのアイディアも素晴らしいですね。
ざらざらしていないので、良くつきますしね。感心しました!

(とみもとです)

今までに、コットンBsの講習会で基礎を習われた方が
ご自分でいろいろと工夫されて作られた「布ぞうり」の写真や
メールで写真添付して送ってくださいました。

その中のお一人 横浜の K氏は、
とても丁寧な詳しい作り方を添えて、実物を送ってくださいました。


鼻緒のある「布ぞうり」にスリッパのように覆いをつけて
ありました。どのようにして作っているか分かりますか?


覆いも、ただ布をカブセタだけではなく・・下から一緒に
編みこんでいくやり方なのです。
布をそのまま針や糸を使って縫い付けるのは簡単ですが一切使わずに作ってありました。

この作り方には、スタッフ皆感心してしまいました。
裏には、滑り止め用に細く切ったゴムを編みこんであるのです。すごい工夫ですね!!
(裏の写真が、ぼけてしまったので載せられませんでした)

10ページもの、作り方を詳細に書いてくださいました。
読ませていただきましたが、でも・・私達が生徒さんにお教えするには、ちょっと難しいかなぁ〜〜と、思い今回は諦めました。

K氏 ありがとうございました。
また、新しい方法を考えられたら見せてくださいね。


 
(千葉 Mさま)

11月の末に、2日間で3時間を使い小学4年生8人が
「布ぞうり」作りを体験しました。
1日目は・・私とお手伝いの方と2つのグループを作り
指導しました。やはり最初の編み始めがうまく行かず
手が小さい子には大変でした。でもなんとか1時間で
1足目を編み上げることが出来ました。

2日目は・・子どもたちの習得の速さに驚かされました。
もう、自主的に編み始めてしまいました。
鼻緒は作りあげたものを取り付けました。
皆、気に入ってくれた様子でぞうりをはいたまま学校で
過ごしたいと言ってくれる子もいました。
私も布ぞうり作りが楽しくなりました。
家族分作ろうと思います。プレゼントもいいですね。
これからも、布ぞうりの良さ、作る楽しさを広めていきたいと思います
とみもとです
子どもたちが、自分で作った「布ぞうり」を履いている事を
思うと、私たちにとっては、とっても嬉しいお手紙でした。
これからも、その輪が広がると良いなぁ〜〜と思いました。
M様・ありがとうございました!!
(とみもとです)

布ぞうり講習会に、遠方から参加してくださる方がいます。
今回は、岩手県からのご参加の 笑顔のステキな Y 様

作られた作品は皆さんへのプレゼントにとても
喜ばれているとのお話でした。
持っているのは、「井上ひさし」さんへ差し上げたと同じ色合いの
布ぞうり。ご本人もとても喜んでくださったそうです。

今までにあまれた「布ぞうり」も、見せてくださいました。
鼻緒もご自分で工夫されて、お上手に出来ていました。

「今までの、伸びない生地で編んでいたのより、この伸びる
ニット地のほうが編みやすいのよ。そして、市販のよりも
布がいっぱいあって気に入ったわ」と、喜んでくださいました。

これからも、ご自分流に色の組合せや鼻緒を工夫して
「布ぞうり」作りを「これからの生きがいにするわ」といきいきと
話してくださるのを聞いていると
私の方も、なんだかとっても幸せな気分になりました。
Y様 ありがとうございました。
 

1615|14|13121110
目次にもどる


コットンビーズ
布ぞうり〜スリッパに変わる新しい室内履き〜

http://tezukuri-e.com

Copyright (C) tezukuri-e.com. All Rights Reserved